パニック障害の原因とは

分かり易い!パニック障害の原因と特徴

パニック障害の原因とは

パニック障害

この数年特に女性に発症が多く注目されている病気に、パニック障害があります。
どの様な要因が起きてと言う詳しい原因が分かっておらず、パニック障害に苦しんでいる人も数多くいらっしゃるのではないかと思います。
また家族や友人など、身近に苦しんでいる人がいると言う方も、かなりいらっしゃるのではないかと思います。
ここでは、主な原因として考えられる要素をいくつかご案内したいと思います。

現状まだパニック障害について分からない点も多くあるのですが主な要因として挙げられているのが、1つ目は神経の伝達物質で誤作動が生じて起こるのではないかと言われています。
神経が誤って危険だと知らせてしまった事から、パニックに陥ってしまったと考えられています。
2つめの要因として挙げられているのは、ストレスです。
体だけでなく頭にもダメージを与えてしまい、パニックを引き起こしているのではないかとの見方です。
3つ目の要因として挙げられるのは、遺伝によるものです。
内向的な性格などから、症状が発症しやすいのではないかと言われています。
4つ目の要因として挙げられるのは、乳酸の蓄積によるものです。
血中の乳酸濃度が上がり、脳幹へ影響を及ぼしたのではないかと言う見解です。
5つ目の要因として挙げられるのは、カフェインの影響です。
血液や心拍数の上昇・神経伝達物質へ悪影響を与え引き起こしているのではないかと考えられています。

おおまかな要因が考えられているのですが、まだ直接的な事は分からない病の1つと言えます。
ストレスや普段の生活習慣から引き起こされる可能性が高いと言えるのかも知れませんね。
現在、治療薬で有名なのがマイナートランキライザー・抗不安薬のデパスです。
1984年から販売されており非常に日本では知名度の高い抗不安薬になります。
私の知る限り精神科系の薬の中では一番有名ではないでしょうか。
デパスの作用は気持ちを落ち着かしてくれる作用と、ただのイライラだけじゃなく更年期障害などからのイライラにも用いられます。
更に、心身の緊張を緩める作用から高血圧症の方や胃・十二指腸潰瘍といった心身症、また肩こりや腰痛などの痛みにも効くと言われ整形外科などで使用されることもあります。
睡眠薬ではないですがデパスは時として睡眠薬代わりにも使用されています。
その他の詳しいデパスの情報はこちらから
デパスの通販の情報
デパスは都度病院にもらいに行くのがめんどくさい方に人気の個人輸入業者などがあります。
o105.bizでデパスを海外から個人輸入ができます。

また、デパスでは多くのジェネリック薬も誕生しています。
その中で有名なので「エチラーム」というお薬があります。
作用、効果、成分はまったくデパスと同じで価格のみ安いので最近は皆さんは病院でもこちらを処方されることが多いのではないでしょうか?
ただし製造・加工の仕方に先発薬と少し違いがあるので、なぜかデパスは効くのにジェネリックは効かないということも報告があります。
こちらのサイトでエチラームの情報を詳しく書いてあります。
また海外から通販で購入する際も参考になると思います。
エチラーム通販情報サイト 勿論、エチラームも個人輸入できるサイトがあります。
エチラームの個人輸入で有名なのは「いろはウェブショップ」でしょうか。
http://www.168webshop.org/medicine/psychiatry/etilaam.html
個人輸入ではあまり見ないですが他にもジェネリックはエチラーム以外にセデコパン、エチドラール、アロファルム、エチカーム、エチセダン、グペリース、サイラゼパム、 デゾラム、カプセーフ、デムナット、ノンネルブ、パルギン、メディピース、エチゾラン、モーズン等々があります。