パニック障害に効く薬と注意点

分かり易い!パニック障害の原因と特徴

パニック障害に効く薬と注意点

パニック障害

この数年原因不明の病として耳にする機会が増えたのが、パニック障害という病気です。
突然何が何だか分からない不安に苛まれ、苦しくなったりと複雑な心の病の1つと言っていいかと思います。
少しでも症状を緩和する為に病院で薬を処方してくださる場合もあります。
では実際にどの様な効果があり、どの様な点に注意しなければいけないのでしょうか。

パニック障害の治療で使用される薬にはいくつか種類があり、症状や改善状況を見ながらいくつかを組み合わせて処方されるようです。
代表的なのが、SSRIや抗うつ剤・ベンゾジアゼビン系などを組み合わせながら処方するようです。
しかしそれぞれ効果があるだけでなく、副作用などにも注意が必要になってきます。

SSRIはパニックから発生する発作や予期的な不安などを抑え、抑うつ状態にも効果があると言われています。
効果が実感できるまでは、おおよそ2~4週間くらいかかるそうです。
あまり副作用がないと言われてはいますが、吐気や不眠・頭痛・ふらつき・眠気などと言った状態に襲われる事も考えられるそうです。
また急に服用を辞めると、離脱症状といい激しい吐気やめまいなどを感じる場合があるそうです。

次に用いられるもので、抗うつ剤があります。
パニックの発作や予期的な不安を抑えるだけでなく、うつ病にも効果があり依存性も少ないと言われています。
しかし長期に渡り使用する事で、心臓に負担を与える可能性や認知障害・性機能障害などを引き起こす可能性が出てきます。
効果が感じられる可能性も高く治療には必要ですが、それと同時にリスクもあるので医師と相談しながらの服用をお勧めします。