パニック障害の方との接し方

分かり易い!パニック障害の原因と特徴

パニック障害の方との接し方

医師

皆さんの中で、家族や友人など身近な人がパニック障害で苦しんでいると言う方もいらっしゃるのではないでしょうか。
どの様に接するといいのか分からないとおっしゃる方も、少なくないかと思います。
一緒に居る時に発作などを起こした際に、どの様に対応するべきなのか不安になることでしょう。
ここでは、基本的な接し方をご案内したいと思います。

まずは、パニック障害についてしっかりと理解する必要があるかと思います。
この病を抱えている人は、いつどんな時に発作が起こるか恐怖と不安に苛まれています。
まずはしっかりと病について理解してあげる事が、一番重要になってくるのです。
精神的な病は見た目だけでは判断しにくく、怠けていたり気の持ちようだと思われてしまいがちです。
誤った接し方をしてしまうと、症状を悪化させてしまう可能性が高くなってしまいます。
かける言葉一つ間違えてしまう事で、不安や恐怖に陥れてしまう可能性があるのです。
自分の気持ちひとつで解決される病であれば、悩まずに済む病なのです。
治療には時間がかかりデリケートな病である事を、しっかりと理解してあげましょう。

もし一緒に居る時にパニック発作など起こしてしまった時の対処ですが、発作を起こしている本人が一番不安で怖い思いをしています。
周りの人間は慌てずに「大丈夫だよ」と声をかけてあげるのが一番です。
もし一緒になって慌ててしまうと、ますます不安にさせるのと同時に迷惑をかけてしまった事に対して罪悪感を抱いてしまうと言う悪循環が起きてしまいます。
まずはしっかりと病気に対して理解し、安心感を与える対応を取ってあげるといいでしょう。