ご家族がパニック障害と診断されたら

分かり易い!パニック障害の原因と特徴

ご家族がパニック障害と診断されたら

家族

この近年発症が多く注目されている病気の中に、パニック障害があります。
100人に1人は発症していると言われ、今現在もこの病と闘っている方が数多くいらっしゃいます。
この病はいつどの様に発症するか分かっていないのですが、ストレスなどが原因と言われています。
もし家族の方が発症してしまった場合、どの様に接するべきか基本的な知識をご案内したいと思います。

パニック障害の病状は、接し方1つで良くも悪くもなると言われています。
よかれと思ってかけた言葉でも、逆に悪くなってしまうなんて事もあります。
一番は、しっかりと病気に対して理解をする事が重要になってきます。
しっかり病気に対して理解しなければ、誤った対応をしてしまう可能性も出てきます。
パニック発作はいつどんな時に発生するか分からず、しっかりと理解していなければ適切な対応が出来ないと思います。

もし発作が起きた時は、慌てずにそっと見守り平穏を保つ事が大切です。
一緒にあたふたしてしまうと、余計に不安に陥ってしまうのです。
それと同時に発作を起こしてしまった自分を責めてしまい、どんどん症状を悪化させてしまう可能性が高くなるのです。
また何気ない言葉一つで傷つき、更に病状が悪化する事も考えられます。
患者にとって一番信頼出来る家族だからこそ、接し方1つで病状が左右してしまうのです。
一番近い存在だからこそ、しっかりと病状を理解し分かってあげる事が重要になってくるのです。
発症した本人が一番苦しいかと思いますが、状況を見守り支える側も大変だと思います。
しかし、しっかり理解してあげる事で良い方向へ進むと思います。