パニック障害の発作を抑える

分かり易い!パニック障害の原因と特徴

パニック障害の発作を抑える

医師

ここ数年注目が集まっている病気の1つに、パニック障害が挙げられるかと思います。
100人に1人の割合で発症すると言われており、近年ではスポーツ選手や芸能人でも症状に悩まされていると言う方が多い症状です。
主な原因はストレスと言われていますが、はっきりとした原因が分からない病の1つでもあります。
突然不安や恐怖に襲われて息苦しくなったり、手足が震えてきたりとパニック発作と言う症状に見舞われます。
では普段から少しでも発作を抑えるには、どの様な方法があるのでしょうか?

パニック障害の発作を少しでも落ち着かせる抑え方として有効なのが、なかなか難しいとは思いますが考え方を少しずつプラス思考に変える事です。
例えば「怖くて仕方ない」という気持ちを、「怖く感じる」や「怖いかも知れない」などと本当に少しずつ無理が掛からない程度に意識を変えていく事で発作の起こる回数が減ってくると考えられています。
また発作が起こってしまった時も、死ぬことは無いと頭で理解できるようになってきたら冷静に対処できるようになってくるかと思われます。

またパニック障害の発作を緩和するのに有効だと言われているのが、常に一枚ビニール袋など持ち歩く事です。
もしも発作が起きた時でも、呼吸を整える為に必要な袋があることによって落ち着きを取り戻せる効果があります。
発作を落ち着かせる方法としては最も有効な抑え方と言われています。
もしもの時の対処方法があるとないのとでは安心感が違い、発作を招く確立を抑える効果があるそうです。
またお守り代わりに薬を持ち歩くというのも、効果的のようですよ。